外貨MMF

坂本龍一 さんインタビュー

プロフィール

のぶくに・としひろ。1965年福岡県出身。高校卒業後フランス料理の道へ。東京・銀座、表参道のフレンチレストラン勤務を経てフランスへ。有名レストラン『ホテル・ドゥ・ラ・トゥール』などで約5年間修業後、帰国。西麻布の有名フランス料理店『ビストロ・ド・ラ・シテ』の5代目シェフに就任。2004年11月世田谷区二子玉川に、『レストラン サレ・ポワヴレ』をオープン。自らがオーナー、シェフを勤める。

プロフィール

フランス料理の道に進むきっかけを教えてください。

高校生のころは毎日テニスに励んでいて、あまり先のことは考えていませんでした。でも、3年生になって進路を決める際になって迷いました。テニスを続けるか。でも、テニスで食べていけるはずもないので、就職することにしました。

料理といってもいろいろありますが、その中でなぜフランス料理を選んだのかは、実はよく分からないんですよ。特に料理が好きだったわけでもなく、周りに料理人がいたわけでもないんです…。

フランス修業の道のりはどのようなものでしたか?

より多くのお客さま(ステークホルダー)にとって、価値ある企業になりたいという想いのもとに、2003年より「コーポレートブランド経営」に取り組んでいます。価値ある企業の姿は、それぞれのステークホルダーによって異なってきますが、その原点となるのは、やはりお客さまと考えます。

自分の店を持つにあたって、なぜ、二子玉という街を選ばれたのですか?

より多くのお客さま(ステークホルダー)にとって、価値ある企業になりたいという想いのもとに、2003年より「コーポレートブランド経営」に取り組んでいます。価値ある企業の姿は、それぞれのステークホルダーによって異なってきますが、その原点となるのは、やはりお客さまと考えます。より多くのお客さまに製品やサービスを通じて、満足を提供することが利益の向上に結びつき、同時に株主や従業員といった他のステークホルダーにも満足を提供することにつながると考えています。「並外れた顧客志向」を貫くことこそ、コーポレートブランド経営の核になると信じています。

フランス料理の道に進むきっかけを教えてください。

より多くのお客さま(ステークホルダー)にとって、価値ある企業になりたいという想いのもとに、2003年より「コーポレートブランド経営」に取り組んでいます。価値ある企業の姿は、それぞれのステークホルダーによって異なってきますが、その原点となるのは、やはりお客さまと考えます。

製造販売事業における“あったらいいな”

より多くのお客さま(ステークホルダー)にとって、価値ある企業になりたいという想いのもとに、2003年より「コーポレートブランド経営」に取り組んでいます。価値ある企業の姿は、それぞれのステークホルダーによって異なってきますが、その原点となるのは、やはりお客さまと考えます。より多くのお客さまに製品やサービスを通じて、満足を提供することが利益の向上に結びつき、同時に株主や従業員といった他のステークホルダーにも満足を提供することにつながると考えています。「並外れた顧客志向」を貫くことこそ、コーポレートブランド経営の核になると信じています。

フランス料理の道に進むきっかけを教えてください。

より多くのお客さま(ステークホルダー)にとって、価値ある企業になりたいという想いのもとに、2003年より「コーポレートブランド経営」に取り組んでいます。価値ある企業の姿は、それぞれのステークホルダーによって異なってきますが、その原点となるのは、やはりお客さまと考えます。