メルマガ解除ページに設置しておきたい3つの要素

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

0
コメント

2010/09/01 23:00

もしかして、あなたはメルマガの解除ページに、
解除フォームを設置しただけで終わっていませんか?

もし、あなたがメルマガ解除ページに、
解除フォームだけを設置しているだけならば、
あなたはメルマガ読者と接触できる
最後のチャンスを無駄にしていると言えます。

メールマガジンの解除ページというのは、
あなたのメルマガ読者と接触できる
最後のチャンスを与えられたページです。

今回はこの最後のチャンスを、
最大限に活用するための方法について、
お話していきたいと思います。

こんにちは、鴨野です。

今から私がメルマガ解除ページに
設置することをお勧めする
3つの要素についてお話して行きます。

是非、今回の記事を参考にして、
あなたのメルマガ解除ページに
取り入れてみて下さい。

きっと、ただ、メルマガ購読者が
去っていくだけのメルマガ解除ページが、
あなたのビジネスのヒントを生む存在に
なってくれるはずです。

それでは、早速、それらの3つの要素を
ご説明して行きたいと思います。

1.まずは何より解除フォームを最優先にしよう

メールマガジンの解除ページに役割は、
あなたのメルマガを解除したい人が、
配信手続きを行なうことです。

ですので、メルマガの解除ページでは、
メルマガの解除のしやすさを最優先にしましょう。

そのためには、メルマガ解除ページのトップに、
メールマガジンの解除フォームを設置することです。
 

2.今まで購読してもらったことへの感謝の気持ち

メールマガジンを解除する理由は、
人によって異なります。

あなたのメルマガを解除するからと言って、
全ての人があなたがメルマガで配信している内容に、
不満を感じた訳でもありませんし、
あなたのことが嫌いな訳でもありません。

メルマガを解除する人の中には、
あなたがメルマガで発信しているコンテンツを
気に入っている人さえも含まれるのです。

例えば、あなたのメルマガは好きだけれども、
メルマガの配信頻度が高いために、
未読のメールが溜まってしまい、
そんな状況が嫌になって解除してしまう人。

こういった人も含まれる訳です。

ですので、

「どうせ私のメルマガに興味のない人だから、
 さっさと解除してもらっていいや」と、

思うのではなく、まずは、あなたのメルマガを
今まで、購読してくれたことに対して、
感謝の気持ちを述べましょう。
 

3.メルマガを解除する理由をアンケートで聞く

既にお伝えした通り、メルマガを解除しようと思った理由は、
個々の読者によって異なります。

例えば、メルマガを解除する理由としては、

  • メルマガで配信される情報が自分の求めている情報ではなかった
  • 売り込みが多くて嫌になった
  • メルマガの内容が難しくて理解しづらかった
  • メルマガ発行者の発言に嫌悪感を覚えた
  • 配信頻度が高くて付いて行けなかった
  • 役に立たなかった

等々、このように様々な理由が挙げられます。

しかし、こういったメルマガの解除理由も、
実際に解除をする人に聞かなければわかりません。

そこで、メルマガの解除ページでは、
解除理由を調査するためにも、
アンケートを行なうようにしましょう。

アンケートで得られた解除理由の傾向をもとに、
あなたの今後のメルマガの改善に
役立てることが出来ます。

また、メルマガ解除完了ページに
掲載するコンテンツのヒントとしても
役立つことでしょう。

尚、アンケートの回答率を上げるためにも、
アンケート回答者には特典を
提供するのも良いと思います。

また、この時、アンケート無しの解除フォームと、
アンケート回答欄付きの解除フォームの2種類を、
メルマガ解除ページ設けておくと良いでしょう。

アンケート無しの解除フォームを用意しておくことで、
すぐにメルマガを解除したい人に、
不快感を与えなくて済むようになります。
 

アンケートの質問事項の一例

  • メルマガを解除する理由
  • 知りたかった情報や求めていた情報
  • 不満に感じたこと
  • 配信頻度について
  • メルマガの長さについて

 

今回の記事のまとめ

メールマガジンの解除ページというのは、
あなたがメルマガ読者と
接触できる最後のチャンスです。

メルマガを解除しようとしている人を
無理に引き止める必要はありませんが、
せめて、解除をする理由くらいは尋ねましょう。

あなたの職場を辞めたいと言ってきたアルバイトや、
あなたと別れたいと言ってきた恋人には、
必ず、その理由を聞くはずです。

メルマガ読者に解除理由を尋ねる場合も、
上記のような状況と何の変わりもありません。

メルマガ読者に解除理由を尋ねないのは、
メルマガ読者に無関心であると言えるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

この記事へのご意見・ご感想を募集中!

もし、「今回の記事が参考になった!」という場合は、はてなブックマーク
ツイッター等で、 こちらの記事をあなたの大切な仲間と共有して頂ければ幸いです。

また、今回の記事に関するご意見やご感想がございましたら、この右下に設置されたピンクのボタンをクリックして、 お気軽にコメントをお寄せ下さいませ。

頂いたコメントには私が直接、返答させて頂きます。

あなたからの暖かいご意見・ご感想を心よりお待ちしております。

当ブログで公開予定の記事をRSSで無料購読してみませんか?

当サイトは現在、週に2回くらいの更新を目標として運営しております。

今後、当サイトに追加される記事を引き続きご覧になりたい場合はコチラから
RSSの無料購読を行っておくと便利だと思います。» RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

今後、当ブログにて公開予定の記事リスト

・RSS初心者のためのグーグルリーダー使い方講座
・グーグルアナリティクスの正規表現入門ガイド
・無料ブログを使ってビジネスブログを始めるメリット
・メールマガジンの開封率を上げる方法
・メルマガで見込み客との人間関係を構築する方法
・ある2つのサイトを使って見込み客の年齢層を知る方法
・リスティング広告で無駄なクリックを除外する方法
・キーワード探しに使えるツールや場所のまとめ
・Googleの2つのツールを使って検索からのアクセスを増やす方法
・Googleアラートを使ってアクセスアップをする方法
・ニッチな市場でビジネスを始めるメリット
・参入する市場を細分化するために注意すべきポイント

当サイトのRSSを無料購読しておけば、今後、サイトの更新情報の通知を RSSリーダーで受信することが出来るようになるので、新着記事を見逃すことも無くなります。 » RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

この前の記事

この後の記事

この記事へのコメントは以下のフォームよりお寄せください

Additional comments powered by BackType