無料メルマガの登録率をアップさせる18のポイント

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

0
コメント

2010/09/01 23:09

「ブログにメルマガ登録フォームを設置したけど、
 なかなか登録してもらえないな〜。」

「アクセスはあるのに、何故だろう!?」

もし、あなたがこのような悩みを抱えているのなら、
今回の記事はきっと役に立つことでしょう。

これからご紹介するメルマガ登録率をアップさせる
18のポイントのうち、あなたは既にいくつ、
実践出来ているでしょうか?

こんにちは、鴨野です。

今回は、サイトやブログに設置されたメルマガ登録フォームの
登録率を向上させるためのポイントについて、
お話していきたいと思います。

これから紹介する18のポイントのうち、
半分でも実践すればメルマガ登録率は、
ほぼ確実に向上することでしょう。

それでは、早速、本題に移って行きたいと思います。
 

1.フォームの入力項目を最低限に抑える

あなたはメルマガ登録フォームに入力項目を、
沢山、設けていませんか?

入力項目が沢山あると、人は面倒だと感じてしまい、
メルマガへの登録を先延ばしにしてしまいます。

ですので、メルマガ登録フォームの入力項目は、
最小限に抑えるようにしましょう。

まずは、フォームの入力項目を苗字とメールアドレスだけにして、
メルマガに登録してもらうことだけに専念しましょう。

もし、あなたがもっと細かい個人情報を知りたい場合は、
メルマガ登録が完了した後のサンキューページや、その後、
配信していくメールマガジンの中でアンケートを取ると良いでしょう。
 

2.メールマガジンに購読価値を付ける

無料のメールマガジンで配信する内容にもよりますが、
もし、あなたがただの売り込みをメルマガで行なうのではなく、
しっかりと読者にとって役立つ情報を発信していくのであれば、
あなたのメールマガジンの購読価値を伝えましょう。

例えば、「年間購読3万円の価値」とメールマガジンの
案内文の中に記載するといった具合です。

このように、購読価値を金額で伝える事によって、
サイト訪問者に「登録しないと損をする」というような
意識を感じてもらうことで、メルマガの登録率はアップします。
 

3.見込み客にとって魅力的なメルマガタイトルを付ける

メルマガのタイトルを見込み客にとって、
魅力的なタイトルにしましょう。

メルマガのタイトルを見込み客にとって、
魅力的なものにするためには、
以下の5つの要素をメルマガタイトルに、
含める事が出来ないかを検討してみると良いでしょう。

・誰のためのメールマガジンなのか?
・メルマガを読む事で読者にとってのメリットは何か?
・どんな人がメルマガを書いているのか?
・どんな情報を発信しているメルマガなのか?
・メルマガの配信頻度や配信される時間帯、
 メルマガを読むのにかかる時間など

これら5つの要素を全てメルマガのタイトルに
含める必要はありません。

しかし、最低限、メルマガを購読することで得られる
メリットが何なのかが伝わるようなタイトルにしましょう。

ここで、魅力的なメルマガのタイトルの例を
簡単に作ってみたので参考にしてみて下さい。

例えば、旅行英会話に関するメールマガジンであれば、

毎朝3分!人気英会話スクールの講師が教える、
子供の前で赤っ恥をかかない海外旅行英会話講座

このようなタイトルが良いかもしれません。

また、脚痩せダイエットに関するメールマガジンであれば、

現役エステティシャンが伝授!実は部分痩せは可能だった!
3ヶ月で太もも周りがキュッと5センチ引き締まる脚痩せ法

といったタイトルも良いかもしれません。

メルマガのタイトルがサイト訪問者にとって
魅力的であればあるほど、サイト訪問者は、

「お、メルマガに登録してみよっかな。」

「お、メルマガの詳細を知りたいな。」

と、興味を持ってくれるようになります。
 

4.見込み客にとって魅力的なメルマガの案内文を書く

ブログやサイト上にメルマガ登録フォームを設ける場合、
メルマガの案内文を掲載するにしても、
他に掲載されているコンテンツとの兼ね合いで、
2、3行程度の文章しか掲載出来ないと思います。

しかし、その2、3行程度の短い案内文の中でも、
サイト訪問者がメルマガに登録したいと思うような、
メッセージを書く必要があります。

メルマガの案内文の中でも、メルマガのタイトルを付ける時に
参考にした以下の5点を意識した文章を書くと良いでしょう。

・誰のためのメールマガジンなのか?
・メルマガを読む事で読者にとってのメリットは何か?
・どんな人がメルマガを書いているのか?
・どんな情報を発信しているメルマガなのか?
・メルマガの配信頻度や配信される時間帯、
 メルマガを読むのにかかる時間など

特に、メルマガの案内文では、メルマガに登録することで、
メルマガ読者が得られるメリットを強調すると良いでしょう。
 

5.無料であることを強調する

無料なものには必ず、「無料」であることを
しっかりと強調する必要があります。

一般ユーザーは、何かに登録をしたり、
申し込みをしたりする際には、
不安を感じるものです。

また、最近は有料メールマガジンも流行っているので、
必ずしも全てのネットユーザーが、
「メールマガジン=無料」という認識を、
もっているとは言いがたいところがあります。

そのため、メールマガジンの案内文や、
登録ボタンに記載するテキストの中で、
「無料である」ということで強調する必要があります。

「無料」ということを繰り返してアピールすることで、
メルマガに関心を持ったユーザーの不安を、
取り除くことが可能になります。
 

6.ブログやサイトの全ページに登録フォームを設置する

もし、あなたがブログやサイトの一部のページにしか、
メルマガ登録フォームを設けていないのであれば、
全ページに設置するようにしましょう。

これにより、メルマガ登録フォームがより高い頻度で、
サイト訪問者の目に留るようになるので、
メルマガ登録数がアップします。
 

7.「Above the fold」のルールを守る

「Above the fold」とは英語圏で使われる言葉ですが、
簡単に言ってしまえば、ページを開いた時に、
ウィンドウをスクロールしなくても最初から、
閲覧できるページ上の可視領域のことです。

メルマガの登録フォームをページを
スクロールしなくても見える位置に配置することで、
サイト訪問者の目に高確率でメルマガの存在を
認識してもらうことが出来るようになります。
 

8.ページの下部にもメルマガ登録フォームを設置する

サイト訪問者は特定の記事を最後まで読んだ時に、
次に何をしようかと考えます。

記事の下の方にメルマガ登録フォームを設置することで、
あなたのサイト上の記事を読み終わったサイト訪問者に、
メルマガ登録フォームの存在を認識してもらえるようになります。
 

9.メルマガのバックナンバーやサンプル号を見せる

メルマガのバックナンバーやサンプル号を公開することで、
メルマガへの登録に興味を持った人が、
メルマガに登録するかしないかの判断を
より的確に行なえるようになります。

もし、あなたが公開しているメルマガのバックナンバーや
サンプル号が見込み客にとって価値があると判断されれば、
メルマガの登録率はアップするでしょう。

しかし、逆に公開しているメルマガのバックナンバーや
サンプル号が見込み客にとって価値があまりないと判断されれば、
メルマガの登録率は下がってしまうでしょう。

ですので、メルマガのバックナンバーや
サンプル号を公開するのであれば、過去に、
メルマガ読者から反応が高かった人気の号の記事や、
自分が自信のある号の記事を選択するようにして下さい。

また、ブログやサイトにメルマガ登録フォームを
設置している場合、メルマガのバックナンバーを
そのまま掲載することは出来ないと思います。

なので、メルマガのバックナンバーや
サンプル号を掲載しているページへ、
メルマガ登録フォームの付近に
リンクを貼るようにすると良いでしょう。
 

10.メールマガジンのカバー画像を掲載する

メールマガジンとは直訳をすれば、
メールで配信される雑誌と言えます。

なので、メルマガ登録フォームの付近に、
雑誌のカバーのようなイメージ画像を掲載することで、
サイト訪問者がメールマガジンに対して
感じる認識価値が高まります。

また、関連した画像がメルマガ登録フォームの
付近にあることで、サイト訪問者の目に留りやすくなり、
メルマガ登録フォームの存在に気付いてもらいやすくなります。
 

11.送信ボタン上に記載するテキストを最適化する

メルマガ登録フォームの送信ボタンに記載する
テキストにも注意を払う必要があります。

送信ボタン上のテキストを単に「送信」といった
何の意味も持たないテキストにするのは良くありません。

もっと、見込み客がメリットを感じるような
テキストにすると反応がアップするでしょう。

例えば、脚痩せの方法を発信しているメルマガの場合は、
メルマガ登録ボタン上のテキストを

「無料で脚痩せ方法を手に入れる」

といった文言にします。

このように送信ボタン上に記載するテキストにも、
意味を持たせるようにしましょう。
 

12. 迷惑メールや個人情報に関する不安を取り除く

無料のメールマガジンであっても、
一部のユーザーは不安を感じるものです。

どんな不安を感じるのかと言えば、例えば、

・メルマガに登録したら迷惑メールが送られて来ないか?

・個人情報が流出してしまったら嫌だな

といった不安が挙げられます。

これらの迷惑メールや個人情報に関する不安を
取り除くためにもメルマガ登録ボタンの下に、
以下のような一文を掲載しておくと良いでしょう。

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。

・迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません。

また、これらの一文に加えて、プライバシーポリシーを
掲載したページへのリンクを貼っても良いと思います。
 

13.見せ方を変えて認識価値を高める

メールマガジンという見せ方ではなく、
他の見せ方が出来ないかを考えてみましょう。

例えば、無料メールマガジンへの登録を

・無料ニュースレターの購読
・無料メンバーシップへの登録
・無料メールセミナーの受講

というように見せ方を少し変えて、
ユーザーが抱く認識価値を高めるのです。
 

14.特典を付ける

メールマガジンへ登録を行なったサイト訪問者に対して、
魅力的な特典を与えるようにしましょう。

見込み客にとって魅力的な特典を用意することで、
サイト訪問者はその特典を手にいれるために、
あなたのメールマガジンに登録してくれるでしょう。

特典のアイデアの一例としては、

・見込み客にとって価値ある情報をまとめたレポート
・割引クーポン
・無料相談を受ける権利

等が挙げられます。

特典として用意するものは、上記のように、
製造原価や仕入原価が発生しないものがお勧めです。

また、メールマガジンにも購読価値を金額で記したように、
メルマガ登録者へ提供する特典にも、
価値を金額で記すようにしましょう。
 

15. スクイーズページにリンクする

スクイーズページとはメルマガの詳細が詳しく書かれた、
いわば、メルマガの無料購読を促すセールスページです。

サイトやブログにメルマガ登録フォームを設置している場合、
他の掲載されているコンテンツとの兼ね合いで、
メルマガに関する情報を沢山掲載することが出来ません。

そのため、もっと、無料メールマガジンに関する
詳細な情報を知りたいというサイト訪問者のために、
メルマガ登録フォームの付近にスクイーズページへの
リンクを貼って誘導します。

スクイーズページでは以下の要素を
含めるようにすると登録率がアップするでしょう。

・先を読まずにはいられないキャッチコピー
・メルマガに登録せずにはいられない案内文
・メルマガ読者から寄せられた感謝の声
・メルマガのバックナンバーやサンプル号
・権威のある人からの推薦文
・メルマガを読む事で得られるメリット
・もちろん、メルマガ登録フォーム
 

16.メルマガ登録フォームを目立つようにする

メルマガの登録率をアップさせるためには、
まずはサイト訪問者にメルマガ登録フォームの
存在に気付いてもらわなければなりません。

メルマガ登録フォームを目立たせるためには、
ページ上に掲載されている他のコンテンツと、
見た目を少し変える必要があります。

例えば、サイトのコンテンツ部分の背景色が白であれば、
メルマガ登録フォームを設置するエリアの背景色は、
白以外の色に変更するようにしましょう。

ページ上の他の領域と背景色が異なるだけでも、
メルマガ登録フォームはより目立つようになり、
サイト訪問者の目にも留りやすくなります。
 

17.音声や動画でメルマガの登録を促す

サイトやブログにメルマガ登録フォームを設置している場合、
他の掲載されているコンテンツとの兼ね合いで、
メルマガに関する情報を沢山掲載することが出来ません。

しかし、音声ファイルや動画ファイルを
メルマガ登録フォームの付近に掲載して、
その中でメルマガについての詳細を伝えれば、
文章で情報を伝えるのと違うスペースを取りません。

また、動画の再生画面や音声の再生ボタンを
メルマガ登録フォームの付近に設置することで、
サイト訪問者の目に留りやすくなり、
メルマガ登録フォームの露出度がアップします。
 

18.サイトやブログで掲載している無料コンテンツの価値を高める

あなたが運営しているサイトやブログ上で
掲載している無料コンテンツの価値が高ければ、
サイト訪問者はもっと情報を得るために、
あなたのメルマガを購読したいと思うでしょう。

サイト訪問者がサイト上で起こす行動は、
全て線で繋がっています。

(1)サイトにアクセスする

 ↓

(2)興味のある記事を読む

 ↓

(3)参考になるな〜と感じる

 ↓

(4)他の記事も読んでみようと思う

 ↓

(5)メルマガの存在に気付く

 ↓

(6)サイト上のコンテンツは参考になるし、
   メルマガにも登録した方が良さそうと感じる

 ↓

(7)メルマガに登録をする

上記の行動ステップはメルマガ登録に至るまでに、
サイト訪問者が辿るであろうと考えられる導線ですが、
このような導線をスムーズにするためには、
日頃から有益なコンテンツをサイトにアップしておく
必要性があると言えるでしょう。
 

今回の記事のまとめ

メルマガ登録率をアップさせるためのポイントは、
以下の3点に集約されると言えます

1.メルマガ登録フォームの存在に気付いてもらう
2.メルマガ登録への欲求を高める
3.メルマガ登録への不安を取り除く

今回、紹介した18個のポイント以外にも、
上記3点に貢献するポイントがあるかもしれません。

上記の3点を満たすために他に何か出来ないかを
あなた自身でも考えてみましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

この記事へのご意見・ご感想を募集中!

もし、「今回の記事が参考になった!」という場合は、はてなブックマーク
ツイッター等で、 こちらの記事をあなたの大切な仲間と共有して頂ければ幸いです。

また、今回の記事に関するご意見やご感想がございましたら、この右下に設置されたピンクのボタンをクリックして、 お気軽にコメントをお寄せ下さいませ。

頂いたコメントには私が直接、返答させて頂きます。

あなたからの暖かいご意見・ご感想を心よりお待ちしております。

当ブログで公開予定の記事をRSSで無料購読してみませんか?

当サイトは現在、週に2回くらいの更新を目標として運営しております。

今後、当サイトに追加される記事を引き続きご覧になりたい場合はコチラから
RSSの無料購読を行っておくと便利だと思います。» RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

今後、当ブログにて公開予定の記事リスト

・RSS初心者のためのグーグルリーダー使い方講座
・グーグルアナリティクスの正規表現入門ガイド
・無料ブログを使ってビジネスブログを始めるメリット
・メールマガジンの開封率を上げる方法
・メルマガで見込み客との人間関係を構築する方法
・ある2つのサイトを使って見込み客の年齢層を知る方法
・リスティング広告で無駄なクリックを除外する方法
・キーワード探しに使えるツールや場所のまとめ
・Googleの2つのツールを使って検索からのアクセスを増やす方法
・Googleアラートを使ってアクセスアップをする方法
・ニッチな市場でビジネスを始めるメリット
・参入する市場を細分化するために注意すべきポイント

当サイトのRSSを無料購読しておけば、今後、サイトの更新情報の通知を RSSリーダーで受信することが出来るようになるので、新着記事を見逃すことも無くなります。 » RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

この前の記事

この後の記事

この記事へのコメントは以下のフォームよりお寄せください

Additional comments powered by BackType