起業して失敗する確率を激減させる5つの重要ポイント

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

20
コメント

2010/10/20 11:00

「 起業して失敗したって構わない。」

「 むしろ、失敗なんて大歓迎だよ。 」

まさか、起業を志す人の中で、こんな血迷ったことを
考えている人なんて、きっといないはずです。

誰だって起業して失敗し、
廃業なんてしたくありません。

誰しもが自分の立ち上げるビジネスで
成功することを夢見て起業するはずです。

しかし、現実は厳しいもので・・・

実際は起業して1年以内に
廃業してしまう人の割合は全体の
30%〜40%と言われています。

もしかすると、あなたは、
こんな情報を耳にしてしまうと、

「 起業しても失敗するリスクが高いなら、」
  起業なんてしない方が良いのかも。。。 」

と、思うかもしれません。

ですが、ご安心下さい。

実は、起業して失敗するリスクを
極限まで下げるための起業成功法があるのです。

こんにちは、鴨野です。

私が自身の経験や尊敬する先輩方の教え、また、
書籍やセミナーなどで培った知識を通して辿り着いた
「起業して失敗しないための5つの重要ポイント」があります。

これらの5つのポイントをしっかりと抑える事で、
あなたが起業して失敗するリスクを、
大幅に下げることが可能になります。

では、その5つのポイントとは何なのか?

それは以下の5点となります。

  1. 自分が情熱を注げることで起業する
  2. 自分の強みを活かせることで起業する
  3. 儲かるビジネスモデルを選ぶ
  4. 儲かるマーケットを選ぶ
  5. 起業するための最低限の準備をしておく

今から、これら5つのポイントについて、
それぞれ詳しく説明して行きたいと思います。
 

1.自分が情熱を注げることで起業する

「自分が情熱を注げること」とは、
つまり、簡単に言ってしまえば

・自分が大好きなこと
・自分が強い興味関心を寄せていること

と、なります。

なぜ、自分が情熱を注げることで
起業することをお勧めするかと言うと、
それには次の3つの理由があるからです。
 

理由1:高いモチベーションを持続出来るから

やはり、自分が情熱を注げることをビジネスにしないと、
継続的に高いモチベーションを保ち続ける事は困難になります。

「お金」は短期的なモチベーションにはなりますが、
ビジネスが軌道に乗り、自分が求める収入を一度、
手に入れてしまうと、人は現状に満足してしまいがちです。

そして、その結果、それより上を目指す意欲が失われ、
次第にビジネスの成長スピードは落ち込んでしまいます。

しかし、自分が情熱を注げることで起業していれば、
自分の取り組んでいるビジネスの成長自体が
大きなモチベーションとなります。

そのため、高いモチベーションを維持した状態のまま、
長期的にビジネスを営んでいく事が出来るのです。

では、今度は逆にビジネスが上手く軌道に乗らず、
なかなか、自分の収入が増えていかない場合は、
どうなるのでしょうか?

この場合は、自分が好きでもないことを日々、
お金のために取り組み続けなくてはいけなくなり、
働く事自体が苦痛に感じられるかもしれません。

自分が好きでもないことをやり続けるのは、
単なる労働であると言っても過言ではないでしょう。

これではリスクを負ってわざわざ起業なんてせずに、
企業にお勤めして安定した収入を得ている方が
よっぽど良かったと言えるのではないでしょうか?

しかし、もし、自分が情熱を注げることで起業していれば、
ビジネスがなかなか軌道に乗らなくても、
自分の情熱が失われない限りは、
ビジネスに楽しみながら取り組んでいけるはずです。
 

自分が情熱を注げないことで起業することは、
自分が愛していない人と結婚してしまうのと
同じようなものです。

愛情を抱けない人と結婚し、その後の人生を、
供に過ごして行くことの辛さを想像してみて下さい。

きっと、どこかで嫌気がさして、
離婚してしまうはずです。

ビジネスもこれと同じです。

自分が情熱を注げないことで起業してしまっては、
どこかで上手く行かなくなってしまうことでしょう。
 

理由2:自然と顧客目線でビジネスに取り組めるから

「このビジネスをやれば儲かりそうだな。」
と、お金儲けを目的にビジネスを始めてしまうと、
どうしても、顧客目線で物事を考える視点が
欠落してしまいがちです。

なぜなら、お金儲けを目的に始めたビジネスは
最優先の目的が自己利益であり、
顧客利益ではないからです。

そのため、顧客満足度を上げるための施策や
商品・サービスの向上が積極的に行なわれず、
短期的には儲かっても、長期的に安定して、
稼ぎ続けることは難しくなってしまいます。

しかし、自分が情熱を注げることで起業すれば、
「もっとお客さんに喜んでもらうためには?」と、
自然と意識が働くようになりますので、
顧客満足度も必然的に向上して行きます。

そして、その結果、あなたは、
お客さんから必要とされる存在となり、
長期的に安定して稼ぎ続けるようになるのです。
 

また、自分が情熱を持っていない分野で
起業してしまうことによる弊害は、
見込み客の気持ちを理解することが
困難になってしまうということです。

・見込み客が何に悩んでいるのか?
・見込み客が何を欲しているのか?
・どんなことに不満や怒りを感じているのか?
・どんな商品を何のために求めているのか?

自分が起業しようとしている分野に関して、
全く興味関心も無く、無知な状態であれば、
こういった見込み客の気持ちがわかりません。

しかし、元々、自分が好きなことや、
強い興味関心を持っていることで起業すれば、
見込み客の気持ちは自然とわかるはずです。

例えば、あなたが英会話を学ぶことに
強い興味があったとしましょう。

この場合、あなたは自然と英会話を学ぶ上で、

・どんなことに悩みを抱えているのか?
・どんな風になれると嬉しいのか?
・英会話をマスターしたら何をしたいのか?
・英会話スクールや教材に対して持っている不満は何か?

このような情報を個人の経験からも、
ある程度、理解しているはずです。

また、普段からオフライン、オンラインを問わず、
英会話を勉強している人達の意見や考えにも
あなたは接していることでしょう。

そのため、自分以外の人の悩みや欲求についても
ある程度は把握出来ているはずです。

見込み客の悩みや欲を理解していれば、
彼ら、彼女らが求めている商品・サービスを
開発することも簡単になります。

また、見込み客の悩みや欲を理解していれば、
見込み客の心を揺さぶるメッセージを作り出す事が出来、
商品やサービスを購入してもらうことも容易になります。
 

もちろん、自分が情熱を持っていない分野に
ビジネスチャンスを見い出して起業しても、
リサーチを徹底的に行っていけば、
お客さんの気持ちを理解することは可能です。

また、お金儲けを目的に起業したとしても、
しっかりと顧客視点でビジネスに
取り組める人は存在するでしょう。

しかし、ここでのポイントは、
自分が情熱を持っていることで起業すれば、
起業の成功確率が必然的に上がるということです。

なぜなら、自分が好きで興味関心がある分野ならば、
お客さんの気持ちも自然と理解出来ているし、
顧客満足度も自然と追求して行けるからです。
 

理由3:強い組織を築けるようになるから

「 私はこのビジネスを通して、
  こういうことを実現したいんだ! 」

と、熱く夢を語ることが出来る人には、

・その夢を応援してくれる人であったり、
・その夢に向かって一緒に歩んでくれる仲間が

自然と集まってくれるようになります。

あなたが掲げている大きなゴールが、
あなたの元に集まる人達との共通のゴールとなるので、
必然的にチームの結束も強固なものになる訳です。

行き先が決まっている船に乗る乗客は、
その目的地に辿り着くために船に搭乗します。

例え、航海の途中でトラブルが発生したとしても、
目的地に辿り着く為には船を降りずに、
我慢もしてくれるでしょうし、
出来る限りの協力もしてくれるでしょう。

これは企業でも同じことが言えます。

会社のビジョンと自分のビジョンが共通のものであれば、
例え、経営が上手く行かない時期があったとしても、
その大きなゴールに辿り着く為に協力をしてくれるでしょう。

また、ただ、お金の面で条件が良いという理由だけで、
他の会社に移るということも無くなるでしょう。
 

しかし、単にお金儲けを目的にビジネスを始めた場合、
お金を稼ぐことが最も重要な目標となってしまうため、
そこには、外部の人間を魅了するようなビジョンが存在しません。

人材募集を行なえば、優秀な人材も集まるかもしれませんが、
雇用された人達があなたの元で働く目的は、
安定した給料を貰う事のみになってしまいます。

ビジョンの無い会社で働く人達というの例えて言うならば、
行き先の無い船に乗っている乗客のようなものです。

船に乗っている間は食事にも困らないかもしれませんが、
もっと良い条件の船がそばを通りかかれば、
そちらの船に移ってしまうでしょう。

また、自分の目指す目的地に向かっている船があれば、
当たり前ですが、そちらの船に乗り換えてしまうことでしょう。
 

このように、結束の強い組織を築き上げるためには、
大きな1つの共通のビジョンが必要となります。

そして、建前の企業理念ではなく、
本音から生まれた企業理念を掲げるためには、
やはり、自分自身が起業する分野に関して、
熱い情熱を持っていなければなりません。

「 あなたがこの一生をかけてでも、
  実現させたいと思えるような、
  情熱を注げるものは何でしょうか? 」

もし、この答えがパッと頭に浮かばないのであれば、
一度、自分の人生を振り返って、
人生の棚卸しを行なってみると良いかもしれません。

今まで時間やお金を最も費やしてきたものが、
あなたが情熱を持って取り組む事が出来る、
ビジネスのタネになるかもしれません・・・
 

2.自分の強みを活かせることで起業する

ただ、自分の好きなことで起業して、
利益を生み出すことが出来なければ、
それはビジネスではありません。

それは、単なる趣味にしか過ぎません。

例えば、あなたがギターを演奏することが好きでも、
プロレベルで演奏することが出来ないのであれば、
ギターを演奏して飯を食って行く事は出来ません。

ですので、ギター演奏は趣味として割り切り、
ギターの演奏で飯を食って行こうとするのは、
辞めておいた方が良いでしょう。

しかし、もし、あなたが、
ギターに関する知識が豊富であったり、
ギターを上達したいと思う人の気持ちが
よく理解出来るのであれば・・・

それは、あなたの強みの一つとなります。

その場合、ギターに関する知識を武器に、
中古ギターの転売ビジネスを
始めることが出来るかもしれません。

また、ギターを上手くなりたいという人の気持ちが
理解できるという強みを活かして、
シニア向けのギター教室を開いて
開業することも出来るかもしれません。
 

今度はもう一つ、別の例を
挙げてみたいと思います。

例えば、あなたは以前、勤めていた会社で
マーケティング部署に所属し、
ネットショップの集客と販売を
担当していたとしましょう。

そして、あなたの趣味は、
園芸であったとします。

その場合、あなたが前職で培った、
マーケティングのスキルと経験を活かし、
園芸で著名な人とタイアップすることで、
趣味と実益を兼ねたビジネスを始めることが出来ます。

例えば、園芸の教材をタイアップした人と制作し、
あなたがネット上で園芸教材の販売を
行なうということも可能となります。

このように、ただ、あなたが好きなことで
安易に起業してしまうのではなく、
あなたの強みも活かせることで起業することで、
成功する確率は飛躍的にアップします。
 

3.儲かるビジネスモデルを選ぶ

ビジネスの業態にも儲かりやすいものと、
そうでないものがあります。

もちろん、成功確率がより高くするためには、
儲かるビジネスモデルを選ぶ事です。

では、儲かるビジネスモデルとは、
一体、どんな特徴を持ったものなのか?

それは、ホリエモンこと堀江隆文さんの
ブログの中でこのように書かれています。

・利益率が高いこと
・定期的な収入が得られること
・在庫を抱えないこと
・初期投資が少なくても始められること

これら4つの条件を満たしたビジネスの業態が、
儲かるビジネスモデルということになります。
 

条件1.利益率が高いこと

ここで言う「利益率」とは、
「粗利益率」を指しています。

粗利益率が高いビジネスということは、
別の言い方をすれば原価率が低い
ビジネスということになります。

1万円の商品を販売していて、
原価が7000円かかるビジネスよりも、
1万円の商品を販売していて、
原価が1000円で収まるビジネスの方が、
当然、生まれる利益は大きい訳です。

前者は1万円の商品を販売した時の利益が
3000円となりますが、後者は、
7000円が利益として残ります。

利益率が高いビジネスの方が、
成功しやすいというのは、
言うまでもありませんよね?
 

条件2.定期的な収入が得られること

単発売りで終わってしまうようなビジネスでは、
安定した収益を生み続けることは出来ません。

1人のお客さんに1回買ってもらって終わるよりも、
1人のお客さんに何年にも渡って購入してもらえる
ビジネスを選んだ方が安定した収益を得やすいです。

定期的な収入を既存客から得る為には、
リピートする必要のある商品を販売したり、
会員制の仕組みを採ったビジネスを
行なったりすることで実現可能となります。
 

条件3.在庫を抱えないこと

在庫を抱えるビジネスよりも
在庫を抱えないビジネスの方が、
当然、リスクが小さくなります。

特に、食材のように長期間、
保存が出来ない商品を扱う業種や、
流行に大きく影響されるような業種は、
在庫を抱えるリスクが一層高くなります。
 

条件4.初期投資が少なくても始められること

大資本が必要となるビジネスや、
初期投資に多額の資金を要するビジネスの場合、
一度、失敗してしまうと再起を欠けて、
立ち直ることが困難になってしまいます。

また、大資本が必要なビジネスの場合、
抱える人材の数も扱う金額も多くなりますので、
より一層の経営能力が求められるようになります。

しかし、初期投資が少なくても良いビジネスや、
初期投資がゼロから始められるビジネスであれば、
例え、失敗をしても痛手がほとんどありません。

また、初期投資が少なくても始められるビジネスは、
一人や少人数でスタート出来るビジネスが多いので、
何か問題が起きても柔軟に対応することも可能になります。
 

これら4つの条件を満たした業態のビジネスが、
儲かるビジネスモデルとなります。

では、これら4つの条件を満たすような
ビジネスモデルは実際に存在するのでしょうか?

実は実際、探してみると、これらの条件を満たした
ビジネスモデルは結構見つかるものです。

ここではその一例を挙げてみます。

一例としては、デジタルコンテンツの販売なんかは、
まさにこれら4つの条件を満たした、
ビジネスモデルであると言えます。

デジタルコンテンツとは、例えば、

・電子書籍
・ソフトウェア
・テンプレート
・ゲーム
・フォント
・音楽・音源

等が挙げられます。

これらは全て、デジタルデータなので、
複製するのも無料となります。

なので、1度、コンテンツが完成してしまえば、
後はいくらでもコストをかけずに、
数を増やす事が可能な訳です。

ですので、利益率も非常に高いですし、
在庫なんてデジタルデータなので、
そもそも存在しません。

初期投資も自分でコンテンツを作れれば、
かかりませんし、人に制作してもらっても、
制作料はたいした額にはなりません。

仮に人に制作してもらう場合に、
コンテンツ制作の見積もりが高い場合は、
売り上げの何%を支払うといった、
パートナー契約にしてしまえば、
初期投資も少なく抑えることが可能になります。

また、定期的な収入を得られるようにするために、
会員制にして毎月、課金するモデルにしてしまえば、
安定した収益を得られるようになります。
 

4.儲かるマーケットを選ぶ

次に起業して成功するために大事なポイントは、
儲かるマーケット(市場)を選ぶということです。

マーケットとは特定のニーズを持った
人々の集合体と解釈して良いかと思います。

つまり、例えば、ダイエット市場で、
ビジネスを行なうということであれば、
ダイエットをしたい人を相手に、
ビジネスを行なうということを意味します。

さて、儲かるマーケットを選ぶ時のポイントですが、
それは、次の4点が挙げられます。

  1. 成長期にあるマーケットを選ぶこと
  2. 自分がNo1になれるように市場を細分化すること
  3. ビジネスとして成り立つだけの十分な需要があること
  4. 見込み客がお金を持っていること

以上、4つのポイントについて、
それぞれ説明して行きたいと思います。
 

ポイント1:成長期にある商品・ビジネスモデルを選ぶ

どんな商品にもビジネスモデルにも、

・導入期
・成長期
・成熟期
・衰退期

が、あると言われています。

この中で最も儲かりやすいのが、
成長期にある商品やビジネスモデルとなります。

導入期にある商品やビジネスモデルは、
まだ、誰も商品について知らないので、
市場に認知されるまでに膨大な
マーケティング費用がかかります。

また、商品開発においても失敗が多いですし、
ノウハウも構築されていないので、
どうしてもリスクが高くなりがちです。

成長期にある商品やビジネスモデルは、
既に市場に認知されており、
また、需要も拡大傾向にあるため、
商品は飛ぶように売れて行きます。

市場の成長期には多くの企業が参入しますが、
一般的には、拡大している市場に参入して、
その市場の平均並みにビジネスを行なっていれば、
市場の成長とともに、業績も上がって行くと言われています。

そのため、儲かりやすいという観点から言えば、
成長期にある市場に参入して起業することが
成功する確率も高いのでお勧めとなります。

成長期にある市場はネットで調べれば、
沢山、見つかることでしょう。

簡単に例を挙げておきますと、
電子書籍やソーシャルアプリなどは、
現在、成長期にある市場に当たります。

ちなみに、BtoC向けのEC利用率は年々、
上昇傾向にありますので、ネット通販は、
まだまだ拡大して行くと言われています。

ですので、オフラインでは成熟期を迎えている商品も
ネット上で販売展開していくことによって、
売り上げの増加が今後も見込めるでしょう。
 

ポイント2:自分がNo1になれるように市場を細分化する

参入する市場が決まったら、今度は、
その市場を何らかの切り口で細分化します。

そして、自分がその市場のどの部分を
取りに行くかを決定していきます。

例えば、下着のネット通販市場に
参入すると決めたからと言って、
ありとあらゆる下着を扱うと言うのは、
大きな間違いと言えます。

なぜなら、私達は資金も時間も労力にも
限りがあるので、デパートのように、
あらゆるものを扱うことは出来ないからです。

ですので、専門店のように何かに特化し、
特定の層を対象にしたビジネスの構築に、
時間とお金と労力を集中させた方が得策と言えます。

例えば、下着のネット通販市場であれば、
下着全般ではなく、胸の大きな女性に向けた
可愛いらしい下着に特化するといった具合です。

市場を細分化することによって、
直接的なライバルは格段と減りますので、
必然的に、その細分化された市場で
あなたが勝てる可能性が高まります。
 

さて、市場を細分化する際のポイントとしては、
自分がNo1になれるように市場を細分化することです。

なぜ、1位になることが大事なのかと言うと、
1位と2位では自社のブランドを消費者に
想起してもらえる可能性が大きく異なるためです。

これを説明するために良く用いられる例としては、
日本一高い山は富士山であると答えることが出来る人は多いが、
日本で二番目に高い山を答えられる人は少ないという話があります。

このように、特定の市場において1位の座を得たブランドは、
その商品と関連付けて消費者の頭に浮かびやすいですが、
2位のブランドでは消費者にその商品と関連付けて、
想起してもらうことが困難になってしまうのです。

そのため、市場を細分化する時は、
自分がその市場で1位を獲得出来るように
細分化をすることが重要なポイントとなります。
 

3.ビジネスとして成り立つだけの十分な需要があること

自分がNo1になれるように市場を細分化したとしても、
あなたの商品・サービスに対して需要が無ければ、
残念ながらビジネスは成り立ちません。

極端な例を一つ挙げてみます。

例えば、赤ん坊のためのギター教室なんかは、
超ニッチでライバルも皆無です。

そして、そんなビジネスを始めれば、
あなたは間違いなくその市場で、
No1になることが出来ます。

しかし、赤ん坊のためのギター教室への需要は、
おそらく、全く無いでしょうし、
そもそも、市場自体が存在しません。

よって、これがビジネスとして
成り立つことは有り得ません。

今のは極端な例でしたが、要は、
ビジネスが成り立つだけの需要がなければ、
その市場は選んではいけないということです。

市場を細分化して行く際には、必ず、
その市場であなたが提供しようとしている
商品・サービスへの需要があるかどうかを、
しっかりとリサーチする必要があります。

需要のリサーチ方法としては
ネット上の見込み客が集まりそうな場所で
アンケートを取るのも良いでしょう。

また、Googleのキーワードツールを使って、
商品・サービスを求める人達が検索に用いそうな
キーワードの検索回数を需要を計る指標として
調べてみるというのも有効な方法と言えます。

Googleのキーワードツールはコチラ(外部リンク)
 

ポイント4:見込み客がお金を持っていること

もし、あなたがお金を持っていない層を
ビジネスを行なう対象としてしまったら、
例え、あなたの商品やサービスに需要があっても、
起業は失敗に終わってしまうことでしょう。

ここで言うお金を持っていない層とは、
単に貧困層という意味ではありません。

あなたの商品やサービスを購入するために
十分なお金を持っていない層という意味です。

ビジネスを存続させて行く為には、
価格を一定の金額以上に設定し、
利益が発生するようにしなくてはなりません。

でなければ、どんなに売り上げが上がっても、
赤字を垂れ流し続けることになり、
ビジネスとして続けて行くことが出来ません。

ですので、市場を細分化する際には、
あなたの商品やサービスを
購入可能な層を切り取った市場で
ビジネスを行なっていく必要があります。
 

5.起業するための最低限の準備をしておく

起業して失敗しないための
最後の重要ポイント。

それは、起業する前の準備期間に
必要最低限な準備はしっかりと
しておくということです。

ほとんどの方が会社勤めをしてから、
ある時、起業するために会社を辞めて、
開業に至るという流れだと思います。

ですので、会社を辞める前までの期間が、
起業するための準備期間となる訳ですが、
この期間中に何もせずに起業してしまうと、
起業してからが大変となります。

会社を辞めた後は収入も途絶えますので、
早くビジネスを立ち上げ軌道に載せなければ、
日に日に、貯金は減って行く一方です。

そのため、会社を辞めた後にいち早く、
ビジネスを立ち上げ、軌道に載せる為にも、
起業する前の段階で最低限の準備を
行なっておくことが重要となります。

では、どんな準備を起業する前には
しておくと良いのでしょうか?

それについて、今からお伝えして行きます。
 

1.情報収集をする。

起業するためにはまず、あなたが
どのようなビジネスを始めるかを
決定しなくてはなりません。

そして、その際、先に述べたように、
あなたが勝てるビジネスを選び
起業する必要があります。

そのためには、前述の通り、
以下のような項目について調べ上げ、
あなたがどんなビジネスで起業すべきかを、
より正しく判断出来るようにしましょう。

・あなたが情熱を注げることは何か?
・あなたの強みは何か?
・儲かるビジネスモデルにはどんなものがあるのか?
・儲かるマーケットはどこなのか?
 
 
また、あなたがどんな市場に参入し、
どのようなビジネスで起業するかが決まったら、
今度はもっとそのビジネスを取り巻く周辺環境や、
参入する市場に関する情報を収集して行きましょう。

例えば、飲食店を開業するのであれば、
いろんなお店を食べ歩きしてレポートをまとめたり、
業界紙や業界に関連するニュース記事に目を通したり、
その業界の勝ち組について調べたりすることです。
 

2.必要な知識やスキルを身に付ける。

起業したら何もしなくもお客さんが
あなたの元にやってくるかと言ったら、
決して、そんなことはありません。

あなたがお客さんを呼び寄せるための
何らかの施策を講じなければ、
お客さんは訪れてはくれません。

どんなにあなたが最高の商品や
サービスを提供できたとしても、
お客さんが集まらなければ、
ビジネスは成り立たないのです。
 
この事に起業した後に気付いて、
慌てて集客方法に関することを
学んでいては非常に非効率だと言えます。

なぜなら、お客さんが集まるようになるまで、
あなたの開業資金は減って行く一方だからです。

ですので、起業準備期間中に
書籍やセミナーなどを通して、
多少なりともマーケティングについて
学んでおくことをお勧め致します。
 

3.人脈を作っておく

人脈は無くても起業出来ますし、
ビジネスを軌道に載せることも可能です。

しかし、人脈は無いよりは有った方が
断然良いのは間違いありません。

・あなたが困った時に相談出来る人(※有料、無料問わず)
・お互いを刺激し合える起業家仲間
・お客さんを紹介してくれそうな人
・あなたに協力してくれる人

等々、起業準備期間中に積極的に、
このような人脈作りを行なっておくと、
起業後に助かることでしょう。
 

4.事業計画を立てる

事業計画は立てなくても起業は出来ますが、
やはり、事業計画書は作成しておいた方が良いです。

事業計画書を作っておく事で、
ビジョンの明確化も出来ますし、
ビジネスを始める為に何が必要なのかを
把握出来るようになります。

また、事業活動に関わるあらゆる事を
数値化しておくことによって、
実際に事業として成り立つのかどうかを
評価していくことも可能となります。

事業計画書の作成方法については
沢山、参考書籍が出版されているので、
それらを参考にしてみると良いでしょう。

もしくは、ワークショップ型のセミナーに参加し、
講師の方にアドバイス等を受けながら、
事業計画書を作成するのも良いかと思います。
 

5.開業資金を用意する

起業するに当たっては当然、
開業資金が必要となります。

事業計画書を作成していれば、
実際に初期投資にいくら必要で、
運転資金にいくら必要なのかが
数字で把握できていると思います。

一般的に、運転資金は最低でも
6ヶ月分は準備しておいた方が
安全であると言われています。

まずは、起業準備期間中に、
開業資金を用意しておきましょう。
 

6.出来る事なら副業からスタートする

本格的に独立して起業する前に、
出来る事なら副業からスタートしましょう。

副業が許されている会社であれば、
平日の空き時間や週末を活用して、
ビジネスを副業として始めることも可能です。

副業として始めたビジネスが軌道に載れば、
そのまま、副業を本業にして脱サラし、
本格的に起業することが出来ます。

この流れであれば脱サラして起業しても、
失敗するリスクが非常に低いのでお勧めです。
 

今回の記事のまとめ

今回は「起業して失敗したくない人のための起業成功法」と、
題して、起業して失敗しないための5つの重要ポイントを
それぞれ、お伝えしてきました。

これらの5つのポイントをもう一度、
最後におさらいしておきますと・・・

  1. 自分が情熱を注げることで起業する
  2. 自分の強みを活かせることで起業する
  3. 儲かりやすいビジネスモデルを選ぶ
  4. 儲かるマーケットを選ぶ
  5. 起業するための最低限の準備をしておく

と、なります。
 

今回の記事は「起業して絶対に失敗したくない!」
という方向けの内容となりますので、
必ずしもあなたに適した内容であるとは限りません。

もし、あなたが今回の人生をかけてでも、
取り組んで行きたいビジネスが、

・利益率が低く、

・在庫リスクがあり、

・初期投資も多額で、

・参入する市場も成長期にない

というビジネスであるのであれば、
もちろん、あなたはそのビジネスに
リスクを負ってでも挑戦してみるべきかもしれません。

ただし、まずは勝てるビジネスで経験を積み、
多額の資金を蓄えた後で、あなたが大きなリスクを
背負ってでも本当に取り組みたいビジネスに
挑戦して行くという選択肢もあることを覚えておきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

この記事へのご意見・ご感想を募集中!

もし、「今回の記事が参考になった!」という場合は、はてなブックマーク
ツイッター等で、 こちらの記事をあなたの大切な仲間と共有して頂ければ幸いです。

また、今回の記事に関するご意見やご感想がございましたら、この右下に設置されたピンクのボタンをクリックして、 お気軽にコメントをお寄せ下さいませ。

頂いたコメントには私が直接、返答させて頂きます。

あなたからの暖かいご意見・ご感想を心よりお待ちしております。

当ブログで公開予定の記事をRSSで無料購読してみませんか?

当サイトは現在、週に2回くらいの更新を目標として運営しております。

今後、当サイトに追加される記事を引き続きご覧になりたい場合はコチラから
RSSの無料購読を行っておくと便利だと思います。» RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

今後、当ブログにて公開予定の記事リスト

・RSS初心者のためのグーグルリーダー使い方講座
・グーグルアナリティクスの正規表現入門ガイド
・無料ブログを使ってビジネスブログを始めるメリット
・メールマガジンの開封率を上げる方法
・メルマガで見込み客との人間関係を構築する方法
・ある2つのサイトを使って見込み客の年齢層を知る方法
・リスティング広告で無駄なクリックを除外する方法
・キーワード探しに使えるツールや場所のまとめ
・Googleの2つのツールを使って検索からのアクセスを増やす方法
・Googleアラートを使ってアクセスアップをする方法
・ニッチな市場でビジネスを始めるメリット
・参入する市場を細分化するために注意すべきポイント

当サイトのRSSを無料購読しておけば、今後、サイトの更新情報の通知を RSSリーダーで受信することが出来るようになるので、新着記事を見逃すことも無くなります。 » RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

この前の記事

この後の記事

この記事へのコメントは以下のフォームよりお寄せください

20コメントあります

  1. コメント No.1

    ゆずちゃ

    こんにちわ、ゆずちゃです。
     
    最初は、あまりにも綺麗なサイトに驚きましたが、
    記事も1冊のレポート以上のコンテンツで、内容の濃いものに
    感動しました。
     
    これだけの記事をサラっと書けるようになるには、
    まだまだ修行が足らないなと自分の未熟さを思い知りました。
     
    起業については、考えたことがないのですが、
    色々と勉強になりました。
    ありがとうございます。

  2. コメント No.2

    鴨野隼人

    >ゆずちゃさん
     

    コメントありがとうございます。
    お褒めのお言葉に感謝致します。
     

    やはり、このくらいの長さの記事を書くのは、
    正直、時間がかかります。
     

    しかし、自分が提供出来る最大限の価値を
    ブログの読者さんには提供したいと思っていますので、
    これからも内容の詰まった記事を書いて行きたいと思います。
     

    また、ゆずちゃさんのブログにも
    訪問させて頂きますね^^
     

    この度はコメントありがとうございました。

  3. コメント No.3

    kyonchii@アフィリエイトパレット

    おはようございます。
    鴨野隼人さん。
     
    わたしのブログへのご訪問と、コメントありがとうございました。
     
    訪れてみて、
    「なんと美しいブログ!」と、しばらくため息つきながら
    眺めてしまいました。。
     
    記事も、私自身の活動にも、とても勉強になることが詰まっていました。
     
    まずは、情熱を注げることからやっていこうと思います。
    うまくコメントできなくて、もどかしいです・・。

  4. コメント No.4

    ANGYBANGY@HANA

    こんにちわ hanaです
     
    ブログへのご訪問ありがとうございました
     
    まさに仰るとおりです
    好きでもないことを続けるのは 苦痛になりますもんね
     
    いやぁ~なんだろ、ものすごく説得力ありました
    なんか忘れがちなことを思い出すというか・・・・
     
    ゆずちゃさんもおっしゃってますが
    とっても綺麗なブログで内容も読み応えありました
     
    またお邪魔させていただきます
     

    あ、影で作ったご本人ですけど
    なんか興味そそられます
     

    ではでは~

  5. コメント No.5

    鴨野隼人

    >hanaさん
     
    コメントありがとうございます。
     
    そうですね。好きでないことは続かないですね。
     
    自分の場合は特にその傾向が強いです^^;
     
    >あ、影で作ったご本人ですけど
    >なんか興味そそられます
     
    そのうち、何かの機会の時に、
    影がなくなるかもしれません^^

  6. コメント No.6

    鴨野隼人

    >kyonchiiさん
     
    コメントありがとうございます。
     
    >「なんと美しいブログ!」
     
    ありがとうございます^^
     
    サイトのデザインは僕のディレクションのもと、
    デザイナーさんにお願いして作ってもらいました。
     
    今回の記事が少しでもお役に立てたのであれば、
    大変、嬉しく思います。
     
    また、遊びに来て下さいね^^

  7. コメント No.7

    アフィリで稼ぐ情報蔵@たつ

    鴨野隼人さんこんばんわ、情報蔵たつです( ´∀`)

    とても見やすくて綺麗な素晴らしいブログですねぇ。
    はじめて訪問したのですが、驚きました(;´∀`)

    >「起業して失敗しないための5つの重要ポイント」

    ん~
    この5つのポイント、すごく勉強になりました。
    一記事と思えないくらいの充実した内容ですごく良いですね。

    為になる記事感謝です^^

  8. コメント No.8

    不倶戴天

    初めまして。
    何だか、久しぶりに素敵なブログに出会えた気分です。
    記事の書き方やデザインも丁寧だし、凄く好感が持てました。
     
    まだ少しの記事にしか目を通していないので
    これから色々と読み進めていこうと思います。
     
    企業風のサイトデザインですが、
    お一人で運営されているのでしょうか?
     
    良ければ、これから仲良くしてください^^
    宜しくお願いします。

  9. コメント No.9

    おようちゃん☆ブログアフィリエイトで楽しくお金を...

    鴨野隼人さん、
    こんばんは!
    おようちゃんです。
     
    とてもすばらしいブログですね!
    圧倒されてしまいました^^
     
    記事も説得力ばっちりですね。
     
    私はまだ起業については判りませんが
    もし起業するならやっぱり失敗はしたくないですね。
     
    今日の記事はとても参考になりました。

  10. コメント No.10

    鴨野隼人

    たつさん、コメントありがとうございます。
     
    4、5記事くらいに分割した方が楽だったのですが、
    最初に記事のテーマを決めてしまったので、
    後戻りが出来なくなってしまいました^^;
     
    やはり、時間はかかりましたね。
     
    でも、お役に立てたのであれば嬉しいです!
     
    今後ともよろしくお願い致します^^

  11. コメント No.11

    鴨野隼人

    >不倶戴天さん
     
    コメントありがとうございます。
     
    元々、デザイン系出身の人間なので、
    その辺の経験がサイトにもいきているのだと思います。
     
    お褒めのお言葉を頂けて嬉しいです^^
     
    >企業風のサイトデザインですが、
    >お一人で運営されているのでしょうか?
     
    そうですね。運営は私一人ですね。
     
    技術的なことに関してはいつもお世話になっている
    プログラマー兼コーダーの方にアウトソースさせて頂いております。
     
    >良ければ、これから仲良くしてください^^

    こちらこそよろしくお願い致します!
    そちらのブログにもお邪魔させて頂きますね。

  12. コメント No.12

    鴨野隼人

    >おようちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    もし起業することがあれば今回の記事を
    参考にして頂けると嬉しいです^^

    今後ともよろしくお願い致します。

  13. コメント No.13

    DORA@うつでもできるぞ!!アフィリエイト

    hayatoさん♪♪
     
    こんばんは(^▽^)/
    DORA@うつでもできるぞ!!アフィリエイトと申します。
     
    サイトを見せていただきましたが、
    すごいですね!!!!
     
    おまけに堀江さんとの握手まで。
     
    検察の信用が地に落ちた今、堀江さんの逮捕だって
    「本当に堀江さんなんかやったの?」
    っていう目で見ますからね。
     
    僕も堀江さん好きなんです。
     
    今は北海道でロケット作ってらっしゃるとか。
    好きなんでしょうね。
     
    どうせやるなら好きなことって思いは、たんに思いだけでなく
    ビジネスの戦略としてもOKなんでしょうね。
     
    勉強させていただきましたm(_ _)m
     
    応援させていただきます♪♪

  14. コメント No.14

    鴨野隼人

    >DORAさん
     
    コメントありがとうございます。
     
    そうですね。堀江さんは有料メルマガやコンサルティング、
    TV出演、講演などで稼いで、その稼いだお金を
    宇宙開発事業の方に回しているみたいです。
     
    彼の場合は儲かるビジネスで稼いで、そして、
    そのお金で夢を実現しようっていう考えのようです。
     
    ではでは、今後ともよろしくお願い致します^^

  15. コメント No.15

    みかこ@在宅ワークママ育成講座

    鴨野隼人さん、こんにちは♪
    みかこと申します。
    先日は、ブログへの訪問とコメント、
    ありがとうございました。
     
    情報量の濃い、素敵なサイトですね♪
    起業して失敗しないための5つのポイント、
    情報起業だけでなく、ネットビジネス全てに
    通じるな~って思いました。
     
    またお勉強に伺います^^
    今日も素敵な一日になりますように★

  16. コメント No.16

    鴨野隼人

    みかこさん、コメントありがとうございます。
     
    そうですね。オンライン、オフライン問わず、
    ビジネス全般に通じる内容だと思います。
     
    また、遊びに来て下さいね^^

  17. コメント No.17

    skybird

    おはようございます。
     
    自分は、60歳の定年を来年迎え、何らかの独立を考えております。
    第2の人生を挑戦し、生涯現役を目指しております。
    しかしながら、言葉で起業や独立と考えますが、実際に何をしたら良いのか全く思いつかず悩んでおります。
     
    鴨野様の素晴らしい内容にびっくりしました。
    独立するためのポイントが見事に表現されており感嘆いたしました。
     
    本当に頭が固いせいか、次のアクションプランが思いつかず悩んでおります。
     
    有難うございました。

  18. コメント No.18

    鴨野隼人

    >Skybirdさん
     
    この度は、コメントありがとうございます。
     
    こちらの記事がお役に立てたということで、
    大変嬉しく思います。
     
    何かご相談されたいことなどございましたら、
    お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。
     
    最初の一歩を踏み出すお役に立てるかもしれません。

  19. コメント No.19

    真柴

    初めまして。検索からこちらのサイトに辿り着きました。

    普段、人のブログにコメントを残したりしないのですが、あまりに丁寧で役立つ記事であったので思わずコメントを残したくなりました。

    ちょっと時間が今無いので他の記事に目を通せていませんが、後ほどまたお邪魔して他の記事も拝見させて頂きたいと思います。

    こちらの記事は大変参考になりましたし、読みごたえもありました!

  20. コメント No.20

    鴨野隼人

    >真柴さん

    コメントありがとうございます。

    こちらの記事がお役になったようで嬉しい限りです。

    また、是非、私のブログにご訪問下さいませ^^

Additional comments powered by BackType