人に喜ばれて自分も得するブログコメントの秘訣

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

3
コメント

2010/09/01 11:49

ブロガーさん:「昨日、私のブログにAさんがこんなコメントを残してくれたので、今日はそのコメントを紹介したいと思います!」

ブログ読者さん:( え、また、Aさんのコメントが取り上げられてる!? )

ブログ読者さん:( なんで、Aさんのコメントは有名人でもないのに、いろんな人のブログで紹介されるんだろう•••? )

実は、あなたが他人のブログにコメントを残す時に
“ある事”を意識することで、あなたが書き込んだ
コメントがその人のブログで紹介されるようになるのです。

その”ある事”とは!?

こんにちは、鴨野です。

あなたは人のブログにコメントを残す時、
どんなコメントを残していますか?

「人のブログは読むけど、コメントを残すことはしないな〜。」

「いや、私は自分が感じた事を自由にコメントしてますよ!」

「私は役立つ情報が書いてあったらお礼の気持ちをコメントで伝えますね〜。」

このように他人のブログ記事を
読んだ時にどんなコメントを残すかは、
その人次第で異なると思います。

なので、コメントの残し方に
正解なんてものはありません。

むしろ、ネット上のマナーに反さない
コメントであれば、どんなコメントだって
好き勝手に投稿して良いと思います。

しかし、人のブログに残すコメントに
“ある要素”を付け足す事によって、
あなたが残したコメントがその人のブログ記事で
取り上げられるようになるとしたらどうでしょう?

人のブログで取り上げられるということは、
その人のブログで、あなたのことを無料で
宣伝してもらっているようなものです。

他の人のブログであなたのことを
紹介してもらうことが出来れば、
それは、あなたのことをより多くの人に
知ってもらえるチャンスと言えます。

また、あなたのサイトにリンクを
貼られた形で紹介されたのであれば、
サイトのアクセスアップにも繋がります。

人のブログにコメントを残す際に
“ある事”を意識するだけで、このような恩恵が
得られる可能性が高まるのであれば・・・

自分のビジネスについてもっと多くの人に
知ってもらいたいと願う起業家にとっては
非常に嬉しい事ですよね。

そして、もし、あなたが他人のブログに
コメントを残す機会が多い人であれば・・・

今からご紹介していく、

「人に喜ばれて自分も得するブログコメントの秘訣」

を取り入れてみると良いでしょう。

きっと、近い将来、あなたが
人のブログに残したコメントが、
その人のブログ記事で
紹介されることになると思います。

さて、それでは一体•••

どんなことを意識して人のブログに
コメントを残すと、相手に喜ばれ、そして、
その人のブログで紹介されるようになるのでしょうか?

その方法は実にシンプルです。

それは、相手のブログ記事を読んだ時に
ただ自分の感想を述べるだけでなく、
相手に対してもメリットのある情報を
コメントついでに提供してあげるということです。

つまり、単に人のブログを読んで情報を
貰って終わるのではなく、相手にも
自分の持っている情報を与えてあげるということです。

人のブログは「情報を貰う場」だけではなく
「情報を交換する場」でもあると、意識を
少し変えるだけで、あなたがどんなコメントを
残すかは変わってくるはずです。

そして、相手にとって有益なコメントを
残す事が出来れば、その人のブログ記事で
紹介される可能性が生まれてきます。

これは、ネットの世界ではなく
リアルの世界で人と会って、
話をしている場面を想像してもらうと
理解しやすいかと思います。

例えば、あなたが喫茶店で最近知り合ったAさんと会って、
話をしていたとしましょう。

そして、Aさんがあなたに何か
役立つ情報を教えてくれました。

この時、あなたは単にAさんから
情報を貰って終わるのではなく、
今度はAさんにあなたが持っている情報を
提供してあげたとします。

もし、その情報がAさんにとって
役立つ情報であれば、Aさんは
きっと喜ぶことでしょう。

そして、Aさんが他の人と会った時に、

「そういえば、最近知り合ったBさん(あなた)から面白い話を聞いたんだよね。」

「Bさんから聞いた話なんだけど•••」

と、あなたから聞いた話を
他の人に話してくれるかもしれません。

こういった場面は日常的によく起こりえますよね?

この感覚を人のブログ記事を読んで、
何かコメントを残す時に意識してみて下さい。

つまり、誰かのブログ記事を
読んでいるときは、その書き手が
あなたに語りかけ、情報を提供して
くれているのだと意識してみる。

そして、あなたがコメントを
残す時には、聞いた話に対して、

  • 相槌をただ打つだけで終わるのか?
  • または、相槌を打って、お礼を述べて終わるのか?
  • それとも、情報を貰って終わるだけではなく、
    相手にも自分の持っている情報を提供してあげるのか?

このように意識をしてみると良いでしょう。

もちろん、毎回、毎回、人のブログ記事を
読んで、何かその人に役立つ情報を
提供することは大変です。

また、毎回、そんなことをしていたら
気疲れもしてしまうことでしょう。

なので、誰かのブログ記事を読んで、
自分がその記事に関連して、何か役立つ情報を
コメント欄で提供できると感じたら、今回、
ご紹介した方法を実践してみると良いと思います。

私自身、このサイトを立ち上げる2、3年前は、
毎日のようにとあるビジネスブログを
更新していた時期があります。

そして、その当時は、いろんなブロガーさんと
ネット上で交流をしていたのですが・・・

人のブログにコメントを残す時に
相手にとって役立つ情報を提供すると、
その人の次の記事で自分のコメントを
取り上げてもらえる機会が度々ありました。

もちろん、その当時はコメントを
残したブログで取り上げてもらう狙いで、
相手のブログコメントに自分の持っている
情報を書いていた訳ではありません。

しかし、度々、自分の残したコメントが
ブログで取り上げられることがあったのです。

そのため、ある時、私は、

「なぜ、自分のコメントは他の人のブログで紹介されるのか?」

と考えてみたところ、今回、お話した
本質的なポイントに辿り着く事が出来たのです。

あなたも是非、今回、ご紹介した
ブログコメントの秘訣を取り入れてみて下さい。

きっと、コメントを残したブログの
運営者の方にも喜ばれ、そして、
近い将来、あなたのコメントが
その人のブログで紹介されることでしょう。

それでは、早速、実践してみて下さい。

STEP1:

この記事を読んで感じたことを
コメント欄に書いて下さい。

今回の記事を読んであなたが思ったこと、
感じた事を何でも良いので、
このブログ記事のコメント欄に投稿して下さい。

短文でも長文でも構いません。

STEP2:

人のブログにコメントを残す際に効果的と
思われる方法や考え方があれば、それをSTEP1で
書いたコメントと併せて、このブログ記事の
コメント欄に投稿して下さい。

特に何も思い浮かばないという場合は、

「こんなコメントはもらって嬉しかった。」
「こんなコメントをもらって不快に感じたことがある。」

このようにコメントを受ける側の視点で、
何かシェアできる情報がないかを考えてみましょう。

STEP3:

今日から他のブログを読んでコメントを残す際には、
この記事で説明したポイントを意識してみて下さい。

毎回、コメントを残す度に
相手にとって役立つ情報を
提供しようと思う必要はありません。

自分が相手に提供できる情報が
あると感じた時にだけ、あなたが
持っている有益な情報を提供してあげましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

この記事へのご意見・ご感想を募集中!

もし、「今回の記事が参考になった!」という場合は、はてなブックマーク
ツイッター等で、 こちらの記事をあなたの大切な仲間と共有して頂ければ幸いです。

また、今回の記事に関するご意見やご感想がございましたら、この右下に設置されたピンクのボタンをクリックして、 お気軽にコメントをお寄せ下さいませ。

頂いたコメントには私が直接、返答させて頂きます。

あなたからの暖かいご意見・ご感想を心よりお待ちしております。

当ブログで公開予定の記事をRSSで無料購読してみませんか?

当サイトは現在、週に2回くらいの更新を目標として運営しております。

今後、当サイトに追加される記事を引き続きご覧になりたい場合はコチラから
RSSの無料購読を行っておくと便利だと思います。» RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

今後、当ブログにて公開予定の記事リスト

・RSS初心者のためのグーグルリーダー使い方講座
・グーグルアナリティクスの正規表現入門ガイド
・無料ブログを使ってビジネスブログを始めるメリット
・メールマガジンの開封率を上げる方法
・メルマガで見込み客との人間関係を構築する方法
・ある2つのサイトを使って見込み客の年齢層を知る方法
・リスティング広告で無駄なクリックを除外する方法
・キーワード探しに使えるツールや場所のまとめ
・Googleの2つのツールを使って検索からのアクセスを増やす方法
・Googleアラートを使ってアクセスアップをする方法
・ニッチな市場でビジネスを始めるメリット
・参入する市場を細分化するために注意すべきポイント

当サイトのRSSを無料購読しておけば、今後、サイトの更新情報の通知を RSSリーダーで受信することが出来るようになるので、新着記事を見逃すことも無くなります。 » RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

この前の記事

この後の記事

この記事へのコメントは以下のフォームよりお寄せください

3コメントあります

  1. コメント No.1

    ツナ

    Hayatoさん、お久しぶりです。

    メルマガ久しぶりに届いて嬉しかったですよ。

    さてさて、不快だったコメントですね。

    それは、やはり自分の意見を批判された時ですね。
    そんなのは承認せずに削除(笑)

  2. コメント No.2

    Chie

    はじめまして。興味深く記事を読ませて頂きました。

    そうですね〜。私がコメントしたくなるブログは
    おいしそうな料理を掲載しているブログですね(。・・。)

    食に目がないもので(*´ェ`*)

  3. コメント No.3

    鴨野隼人

    >ツナさん
     
    コメントありがとうございます。
     
    批判系のコメントはあまり
    ブログでもらった事無いですが
    確かに辛いでしょうね。
     
    でも、誰かに批判されるということは、
    その一方で共感してくれる人には
    突き刺さってる記事にはなってると思います。
     
    もちろん、記事の内容にも寄りますが、
    みんなに好かれる記事なんて
    あまり魅力的ではないですよね。
     
    >Chieさん
     
    コメントありがとうございます。
     
    おいしい料理ですか!
     
    うちのブログにもおいしい料理を
    載せてみたいと思います^^

Additional comments powered by BackType