サイトのリピーターを増やすための8つのポイント

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加

0
コメント

2010/09/01 23:08

ブログのアクセスを増やすために行うべきこと・・・

ブログのアクセスを増やすために行うべきこと・・・

それは、大きく分けると以下の2つに分類されます。

1.新規のサイト訪問者を集めること
2.リピーターを増やすこと

もし、あなたが新規のサイト訪問者の獲得ばかりに力を入れ、
サイト訪問者をリピーターに変えることを怠っていれば、
あなたのブログのアクセス数は
すぐに伸び悩むことになるでしょう。

しかし、もし、あなたが新規訪問者の獲得に加えて、
リピーターの獲得にも力を入れていれば、
あなたのブログのアクセス数は
右肩上がりで伸びていくことになります。


こんにちは、鴨野です。

今回は、サイトのリピーターを
増やすためのポイントについて、
お話していきたいと思います。

サイトのアクセスを効率良く
増やし続けていくためには、
サイトに定期的に訪問してくれる
リピートユーザーの存在が不可欠です。

そして、リピートユーザーを獲得するためには、
新規のサイト訪問者をリピーターに
変えるための施策が必要となります。

今回の記事では、あなたのサイトに
訪問してくれた新規ユーザーを、
次々にリピーターに変えるために考慮すべき
8つのポイントをご紹介していきます。
 

1.サイト訪問者にとって価値あるコンテンツを提供する

なぜ、人は一度、訪れたサイトに
また、訪問しようと思うのか?

この問いに対する答えは一つだけではありません。

しかし、その中でも最も重要であると考えられる答えは、

「そのユーザーにとって価値あるコンテンツがそこにあるから」

これが冒頭の質問の答えの1つとして挙げられるでしょう。

コンテンツとは、例えば、テキストで構成された記事や
音声ファイル、動画、ソフトウェア、テンプレート、
資料、アイコン、写真などを指します。

サイト訪問者にとって、サイトに訪問した際に、
価値が見い出せないコンテンツを提供しているサイトは、
リピーターを獲得することは出来ません。

これは言わなくても十分、
ご理解頂けていることだと思います。

では、どのようにすればサイト訪問者にとって、
価値あるコンテンツを提供できるのでしょうか?

これを実現するためには、大きく分けて2点、
考慮すべき重要なポイントがあります。
 

a.サイト訪問者が何を求めているか理解すること

どんなに自分が素晴らしいコンテンツを
サイトに掲載していると思っていても、
そのコンテンツがサイト訪問者の求めているものでなければ、
サイト訪問者はその価値を見いだすことが出来ません。

例えば、芸術作品を紹介しているサイトを
例にとって考えてみましょう。

芸術に強い関心のある人にとっては、
そのサイトのコンテンツに価値を
見い出す人が多いと思います。

なぜなら、そのサイトには彼ら、彼女らが
求めているコンテンツがあるからです。

しかし、全く芸術に関心のない人にとっては、
そのサイトに何らかのきっかけで辿り着いたとしても、
そのサイトのコンテンツに目を向ける事も無く、
すぐにサイトを閉じて立ち去ってしまうことでしょう。

このようにサイト訪問者が価値を
見い出すコンテンツを提供するためには、
あなたのビジネスの見込み客について
理解している必要があります。

つまり、見込み客についてのリサーチが
必要不可欠であると言うことです。
 

b.サイト訪問者が求めているものを伝わりやすいかたちで提供すること

どんなにあなたのサイトで提供している
コンテンツが素晴らしかったとしても・・・

そして、そのコンテンツがどんなにサイト訪問者が
求めているものであったとしても・・・

そのコンテンツの提供のされ方に問題があれば
サイト訪問者は本来、そのコンテンツが持っている
価値を感じる事は出来ません。

例えば、あなたがあなたの見込み客にとって
非常に役立つ記事を書いて、
サイト上に掲載しているとしましょう。

しかし、もし、その記事の文字サイズが小さかったり、
背景色が白なのにも関わらず、
文字の色が薄めの色であったとすれば、
サイト訪問者がその記事を読む事は困難となります。

このような場合、サイト訪問者は
記事を読むことすらしないかもしれません。

もしくは、途中まで記事を読み進めるものの、
その記事が読みにくいため、記事を最後まで読む事を
途中で断念してしまうかもしれません。

また、あなたのサイトと同じようなテーマを
扱っているサイトが多い場合、
あなたのサイトは他のサイトとコンテンツの見やすさや、
サイトのデザインを比較されることになります。

・サイトのナビゲーションが複雑で
 サイトが使いにくいサイト

・サイトがゴチャゴチャして、
 コンテンツが見にくいサイト

このようなサイトの場合は例え、
サイトに掲載しているコンテンツ自体が非常に良くても、
他のサイトと比較した時に選ばれることはありません。

同じくらいコンテンツの質が高いサイトが複数ある場合、
サイトの使い勝手の悪いサイトは
サイト訪問者に敬遠されてしまうのです。

このように、サイト訪問者にとって
価値あるコンテンツを提供することは、
サイトのリピーターを獲得するためには
必要不可欠な条件であるのですが・・・

あなたの見込み客にとって価値あるコンテンツを
価値を感じてもらえるかたちで提供しなければ、
サイト訪問者はそのコンテンツの価値を感じることは出来ません。
 

2.一度の訪問では消化できない良質なコンテンツ量

なぜ、人は一度、訪れたサイトに
また、訪問しようと思うのか?

この問いに対する別の答えとして、

「そこに一度では消化できないほどの価値あるコンテンツが存在しているから」

という答えが挙げられるかと思います。

例えば、あなたがダイエットに関する情報を
ネットで検索していて、Aというダイエットに関する
有益なコンテンツが詰まったサイトを発見したとしましょう。

このサイトに訪れたあなたは、
幾つかのページを閲覧し、
このサイトで掲載されている情報に
価値を感じたとします。

しかし、あなたにはその後、外出する予定があり、
そのサイトの残りのコンテンツを閲覧出来ません。

こういった場合に、人はそのサイトをブックマークに追加して、
後日、そのサイトに再訪問しようと思うわけです。

サイトのリピーターを増やすポイントは、ただ、
サイト訪問者にとって価値あるコンテンツを
提供するだけではありません。

一度に消化できるようなコンテンツ量であれば、
どんなにそのサイトのコンテンツに価値を感じても、
再訪問すべき理由がそこにはもはやありません。

サイトのリピーターを増やすためには、
新規のサイト訪問者が、一度の訪問では
消化できないくらいの豊富な
コンテンツ量が必要となります。
 

3.サイトの更新頻度が高い

更新頻度の高いサイトというのは、
今後も新しいコンテンツが、次々と
サイトに追加されていくということです。

初めてサイトに訪れたサイト訪問者に対して、

「このサイトには今後も自分の求めているコンテンツが追加される」

と、認識してもらうことが出来れば、
その新規のサイト訪問者が、
リピーターになるきっかけとなります。

また、既存のリピーターは新しいコンテンツを求めて、
サイトに再訪問しますので、
既存のリピーターを維持するためにも、
サイトの更新頻度というのは重要となります。
 

4.RSSフィードを購読してもらう

サイトの更新情報をサイト訪問者に知らせるためにも、
サイトで配信しているRSSフィードを購読してもらいましょう。

RSSフィードをRSSリーダーで購読してもらえば、
あなたのサイトが更新される度に、
そのユーザーのRSSリーダーに、
あなたのサイトの更新情報が配信されるようになります。

これにより、あなたのサイト訪問者がより頻繁に、
あなたのサイトへ再訪問してくれるようになるでしょう。
 

5.メールマガジンを購読してもらう

もし、あなたがメールマガジンを発行しているのであれば、
サイト上にメールマガジンの登録ページを作成し、
あなたのサイト訪問者にメールマガジンに登録してもらいましょう。

メールマガジンを定期的に配信し、その中で、
サイトの更新情報についてもメルマガ読者に伝えれば、
メルマガを読んだ読者があなたのサイトに
再訪問してくれるようになります。

あなたがメールマガジンを発行していないのであれば、
今すぐにでもメールマガジンを始めることをお薦めします。
 

6.サイトをブックマーク登録してもらう

あなたのサイトをサイト訪問者のブックマークに
追加してもらいましょう。

これはわざわざ細かく説明する必要はないかと思います。

今回の記事で紹介した最初の3つのポイントを抑えていれば、
ブックマークの登録率もアップするはずです。

あとは、これら3つのポイントに加えて、
以下のポイントも考慮しておくと良いでしょう。

・ブックマーク登録ボタンをサイト訪問者の目に
 より留まる位置に配置すること。

・ブックマーク登録ボタンを
 より目に留まるデザインにすること。

上記に挙げたポイントのように、
ブックマークボタンの認識率を上げることも、
ブックマークの登録率を上げるためには必要となります。

また、ブックマークの登録をサイト訪問者に促す文面を、
サイト上に掲載することによってサイト訪問者は、
ブックマークに登録する必要性を感じ、
ブラウザーのお気に入りに登録してくれるようになるでしょう。
 

7.あらゆるソーシャルメディアでサイト訪問者と繋がる

ソーシャルメディアとは、例えば、
Mixiであったりツイッターなどの
多数のユーザーがネット上で交流することを
目的としたネット上の媒体のことです。

あなたのサイト訪問者に例えば、
あなたをMixiのマイミクに追加してもらったり、
ツイッターであなたをフォローしてもらうことで、
あなたのサイト外でもサイト訪問者と
繋がる事が可能になります。

Mixiであれば、自分の日記にサイトの更新情報を
投稿してみると良いでしょう。

その日記を通して、あなたのマイミクに対し、
サイトの更新情報を知らせる事が出来ます。

また、ツイッターであれば、
あなたが新たに追加した
有益で価値あるコンテンツについて
ツイートしてみましょう。

サイトの更新情報をツイートすれば、
そのツイートはあなたのフォロアーの
タイムラインに表示されるようになるので、
フォロアーに更新情報を伝えることが出来ます。

このように、RSSやメールマガジンだけではなく、
ツイッターやミクシーのようなソーシャルメディアを活用し、
あなたの見込み客と繋がっていることによって、
サイトの更新情報が伝わる可能性が一層高まります。
 

8.特定の情報を求めてサイトに訪れて来たユーザーを直帰させない

例えば、あなたが検索エンジンを使って
「直帰率」の言葉の意味を調べるために、
「直帰率とは」というキーワードで
検索をかけたとしましょう。

そして、検索結果ページには、
「直帰率とは?」というページ名の、
直帰率の意味についての解説ページがあり、
あなたはそのページにアクセスしたとします。

この時、あなたがそのページにアクセスした目的は
直帰率の意味を調べることにある訳です。

ですので、そのページを読んで
直帰率の意味を理解したあなたは、
もう、そのサイトに用は無くなります。

そして、そのサイトに用が無くなったあなたは、
そのサイトの「直帰率とは?」という
ページだけを閲覧して、
そのサイトを立ち去ります。

このように、特定の情報を求めて
サイトの個別ページに辿り着いたユーザーは、
自分の目的を果たした瞬間に
そのサイトに滞在し続ける理由が無くなります。

その結果、そのサイトから立ち去って
しまうことになるのです。

そのため、いくら良質なコンテンツを
豊富に持っているサイトであっても、
新規のサイト訪問者に自分のサイトに
再訪問するべき価値を感じてもらうことが出来ません。

そこで、このような特定の情報を求めて
サイトの個別ページに来たユーザーに対しては、
自分のサイトに再訪問するべき価値を
感じてもらうための導線を作る必要があります。

これはどういうことか?

一例を挙げてみましょう。

例えば、サイト内の各ページから
サイト内の他の関連記事へリンクを貼り、
そのサイト訪問者にサイト内の
複数ページを閲覧させるということです。

より具体的な例を挙げて、
説明を続けてみましょう。

例えば、直帰率についての解説ページであれば、
ただ、「直帰率とは〜〜〜という意味です。」
で終わるのではなく、直帰率について
詳しく解説をした後に次のように続けます。

では、サイトの直帰率を改善するためにはどうしたら良いのか?

以下のリンク先の記事ではサイトの直帰率を
改善するための3つの方法について解説しているので
リンク先をクリックして参照して下さい。

→ 関連記事へのリンク

上記はサイト内の他のページへサイト訪問者を
誘導するための一例に過ぎません。

しかし、このように、各ページ内から
サイト内の他のページへ誘導することで、
今回の記事で最初に挙げた3つのポイントを
サイト訪問者に感じてもらうようにします。

ちなみに、今回の記事の最初に挙げた3つのポイントとは、

  1. サイト訪問者にとって価値ある情報を提供する
  2. 一度の訪問では消化しきれないほどのコンテンツ量
  3. 高い更新頻度

以上の3点となります。

これら3点を特定の情報を求めてサイトの個別ページに
辿り着いたユーザーに感じてもらうためにも、
サイト内の他のページを閲覧してもらう必要があります。
 

今回の記事のまとめ

今回の記事ではサイトのリピーターを
増やすための8つのポイントを
ご紹介していきました。

しかし、最後の5つのポイントは
最初に挙げた3つのポイントが
抑えられていて初めて活きてきます。

繰り返しになりますが、今回の記事の
最初に挙げた3つのポイントとは、

  1. サイト訪問者にとって価値ある情報を提供する
  2. 一度の訪問では消化しきれないほどのコンテンツ量
  3. 高い更新頻度

以上の3点となります。

これら3つのポイントはどれも当たり前のことですが、
当たり前のことを当たり前のようにこなすサイトが、
やはり、多くの人から支持されるサイトになるのでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

この記事へのご意見・ご感想を募集中!

もし、「今回の記事が参考になった!」という場合は、はてなブックマーク
ツイッター等で、 こちらの記事をあなたの大切な仲間と共有して頂ければ幸いです。

また、今回の記事に関するご意見やご感想がございましたら、この右下に設置されたピンクのボタンをクリックして、 お気軽にコメントをお寄せ下さいませ。

頂いたコメントには私が直接、返答させて頂きます。

あなたからの暖かいご意見・ご感想を心よりお待ちしております。

当ブログで公開予定の記事をRSSで無料購読してみませんか?

当サイトは現在、週に2回くらいの更新を目標として運営しております。

今後、当サイトに追加される記事を引き続きご覧になりたい場合はコチラから
RSSの無料購読を行っておくと便利だと思います。» RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

今後、当ブログにて公開予定の記事リスト

・RSS初心者のためのグーグルリーダー使い方講座
・グーグルアナリティクスの正規表現入門ガイド
・無料ブログを使ってビジネスブログを始めるメリット
・メールマガジンの開封率を上げる方法
・メルマガで見込み客との人間関係を構築する方法
・ある2つのサイトを使って見込み客の年齢層を知る方法
・リスティング広告で無駄なクリックを除外する方法
・キーワード探しに使えるツールや場所のまとめ
・Googleの2つのツールを使って検索からのアクセスを増やす方法
・Googleアラートを使ってアクセスアップをする方法
・ニッチな市場でビジネスを始めるメリット
・参入する市場を細分化するために注意すべきポイント

当サイトのRSSを無料購読しておけば、今後、サイトの更新情報の通知を RSSリーダーで受信することが出来るようになるので、新着記事を見逃すことも無くなります。 » RSSの無料購読はコチラ

※RSSの意味がわからない場合は下記の記事をご参照下さいませ。
» 「「RSSとは?」という人のためのGoogleリーダー使い方ガイド」

この前の記事

この後の記事

この記事へのコメントは以下のフォームよりお寄せください

Additional comments powered by BackType